テツタ的音箱2.0

中川テツタのライブ情報などなど!

ウィークエンド

最近毎週末

松戸駅で路上ライブをしていまして

11月末からは大体金土日と通っておりまして

同じ場所でこんなふうに続けるのは始めてで

なんか最近はちょいちょいコーヒーをもらったり

何回か通った人が声をかけてくれたり

してくれまして

なんというか

ありがたい限りでございます





ちょっと前まで

正直音楽つまらんなー

という気持ちが積み重なっておりました

それは何故かと考えまして

音楽をプレイする、何かを表現するということより

人を集める、CDを売るということのほうが優先順位が高くなっていたからでした

なので

お客さんを全く呼べないままライブをしたり

ほとんどお客さんがいない中ライブをしたり

ライブをしてもそれほどCDが売れなかったり

することが

知らず知らず

非常に苦痛だったようです

11月23日のライブの後

とある一言でスイッチが入りまして

一晩中わめき散らしてしまいました

(あの場所にいた皆様ほんとにごめんなさい、そして交番のお巡りさんは優しかったです)






中川テツタの音楽はかっこいいと思います

中川テツタのライブもかっこいいと思います

しかしそれはあくまでも自分の価値観による判断なので

人にその気持ちを強制することは出来ません

もし僕がもっと圧倒的に才能に溢れていたら

そういうものを飛び越えて人に拍手させることが出来たかもしれませんが

残念ながらそのような事実はありません





需要のないところに供給しても

あまり意味はないのです

求められない限り

音楽やライブは存在しえないのです




というようなことを省みる良い機会になったので

今一度僕は考えました

音楽の何が魅力的で始めたのだろうと

ほんで

考えた結果

僕は音楽は自由、というところに魅力を感じて始めたんだなという結論に達しました

僕の音楽は

僕のもので

それは完全に他者の干渉を受けず僕だけがコントロール出来る世界であり

僕はそれをやりたいがために

音楽をやっているのだなと





というわけで最近は

その思いを成就するべく

マーケティング的なことは一切考えず

ただやりたいように

道端で歌っております

自分がそうしたいからする

というふうに行動の動機を能動的なものに置き換えると

あら

音楽楽しい!

という感じになりました

もちろんそれが最も正しい選択だとは到底思えないわけですが

もうしばらくはこんな感じで

音楽を取り戻したいと思います





僕は好き勝手に歌っているので

それだけで楽しい

もし通りがかった人がそれを聴いてテンション上げてくれたら

嬉しい

さらにCD買ってくれたら

なお嬉しい




そんなウィークエンドを

過ごしております2014冬
スポンサーサイト
  1. 2014/12/14(日) 06:06:13|
  2. 日記
  3. | コメント:0
<<同級会 | ホーム | 寒空マイソウル>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する